2019年11月26日

「瞽女」作・田畑稔(no.0164.2019.12.03)

 女たちが列をなして歩いていた。
 女たちは着物、ワラジに蓑笠、一方の手で杖を、空いたもう一つの手で前の女の肩に手を置き歌いながら歩いていた。周囲の者は彼女たちが何者であるかすぐにはわからなくても、そのうちわかった。彼女たちは盲人であり、彼女たちは瞽女であった。彼女たちを見る目は好奇なそれもあったが、たいていは激励の温かい目だった。
「瞽女さんだよ」
「瞽女さんて、まだいたんだ」
「何して稼ぐの?」
「歌ったり、踊ったり」
 瞽女たちは小さな温泉宿に上がった。三味線や太鼓の演奏に合わせて踊って唄った。なれない座敷でつまずきやしないかと思うのだが、足袋に目がついているのかとおもわれるほど、正確に畳を擦った。
「さすがは慣れたものだね」
「初めて見たけど、ひなびた温泉宿にピッタリじゃないか」
 瞽女さんたちに、おひねりが配られた。瞽女たちの収入は町から、少しだがある。町の無形文化財の指定を受けているからだ。だがもちろんご時世である。十分な額には程遠い。しかもそれは減少しつつある。それでも彼女たちはいつも最大級の感謝を忘れなかった。それだからこそ瞽女は町で愛されるのだ。
「ユリさん。はい、瞽女さんたちのきょうのお手当」
 女将が差し出すと、瞽女たちのリーダー、ユリは頭を下げ受け取った。
「行政からの補助金がまた削られたんだって?」
「はい、ご時世ですから」
「困ったもんよねえ」
「わたしたち、みんな寄り添って頑張りますから」
「お手当も6人で割ると、一人当たりはたいした額にならないわよね」
 ユリは言った。
「6人いますか?」
「あたしには6人に見えますよ」
「最近まで5人でした。誰だろう無断で瞽女になったのは」
 ユリは笑った。瞽女たちは、自分たちがいま何人で行脚しているのかよく知らなかったのだ。だが盲人なら瞽女の仲間。瞽女として一緒に歩くのだ。それでいい。瞽女たちはそれは了解済みなのだ。
「はい、番号! 一!」
 ユリが号令をかけると声が続いた。
「二、三、四、五、六!」
「6人か。やっぱりいま6人いるのね」
 瞽女たちは見えないが、見つめ合った。
「ま、いいさ」
 相手が盲人だと思うと嫌がらせも多い。お座敷でおひねりを持ってきた男が、瞽女の手をつかんだりそれを引いたりされることはよくある。
「おやめください!」
 男はユリの手をつかみ、そして肩を抱き寄せようとしたのだ。
「お願いです。やめてください」
 男は、簡単にはやめなかった。
「いいじゃないか、少しくらい。手当を追加するからよ」
 そういう場合は瞽女たちが寄ってたかってユリを奪い返すしかない。するとたいてい男は毒づいて帰る。
「ユリ姐さん、無事かい?」
「大丈夫。心配ないわ」
 ユリはいつも気丈だった。旅館の女将さんの耳によからぬ噂が入ってきていた。
「補助金の不正受給があるんじゃないかっていうのよ」
 ユリが呼ばれたのだ。
「瞽女さんのグループに目の見える人まで紛れ込んでいるんじゃないかって」
 ユリは絶句した。
「市の担当者に密告じゃないけど、告げ口ね。言った連中がいるのよ。目の見えない人たちへの補助金なんだ、目の見える人が瞽女を語ってたら不正受給じゃないのかって」
「あたしには見えませんが、見える人が混じってますか? 瞽女に」
「あたしはわからない。いちいち視力検査するような問題じゃないし、あたしはそんなの嫌だしね」
 確かにユリが知らないうちに瞽女は増えていた。だからといって目の見える者がわざわざ盲人を語って瞽女のグループに加わるだろうか。それとも瞽女がもらってるわずかな補助金すら妬ましく思う者がいるのだろうか。ユリは寂しく思った。ユリは列を作って歩くとき、人数を数えた。
「はい、番号! 一!」
 声が続いた。
「二、三、四、五…」
「…きょうは5人かい? 一人どこ行ったの?」
 瞽女の一人が言った。
「師匠がいないような気がするんです」
「師匠? 師匠、いないの?」
 瞽女の中で最年長、歌や三味線も長く、みんなから師匠と呼ばれていた女だ。だが、きょうは声をかけても返事がないのだ。
「師匠、いつからいないの?」
 返事はなかった。返事がないと気が付かないのだが、みんな盲人なのだから仕方がなかった。
「きのうは隣町の料亭だった。そこを跳ねてからみんなで肩に手を置いて並んで帰ったよね。師匠の歌も聞こえた。でもそのあとの記憶が…」
 瞽女は隣町までの経路をたどることにした。一列になって前の瞽女の肩に手を置いて、祇園小唄を大きな声で歌った。 
 …月は朧に東山 霞む夜ごとのかがり火に 夢もいざよう 紅桜…
 雪が降ってきたと思ったらすぐに吹雪いてきた。瞽女の頭の笠はすぐに雪が積もり顔を冷たくたたいた。雪でなければ道はわかったかもしれない。しかし、盲人の瞽女たちは道がわからなくなってしまった。ユリはじめ瞽女たちは師匠を探す前に立ち往生をしてしまったのだ。
「ユリ姐さん。あたしを先頭にしてください」
 瞽女の一人が立った。
「え? あなた、道見えるの?」
「見えます。ごめんなさい」
 瞽女は目の見える女を先頭に、肩をつなげて進んでいった。そして発見した。人だかりがあって、そこに冷たくなってしまった師匠がいた。
「師匠! ユリ姐さん、師匠がいました」
 ユリや瞽女たちが駆け寄った。瞽女たちは師匠の亡骸にすがった。
「この瞽女さんは、あんた達の仲間かい」
 ユリが答えた。
「師匠はどこにいたんですか…」
「きのう仲間とはぐれたらしい。ここで動けなくなって、雪の中冷たくなっていたよ」
 師匠は事故死でもなく、もう亡くなっているので病院も出され、ユリたちは師匠を連れて帰った。連れて帰るといっても次のお座敷へ行くための旅館でしかない。旅館は迷惑そうな顔をして、早めに切り上げてくれと露骨に言った。
 ユリたちはその時間からどこへも行くところなどない。辛くなって泣くしかなかった。
「ごめんなさい嘘をついて。あたし働くところが一つもなくて、それで…」
「いいのよ。歌も三味線も頑張っていたじゃない」
 ユリも瞽女たちもみんな目が見える女のことは許した。ユリたちは師匠を担いで宿を出た。行く先があったわけではない。行くところがないから師匠を担いで出た。雪はいっそう強くなりユリたちは動けなくなった。もう力も尽き、生きてことが難しくなったと思った。このまま死んでしまうのかと思った。
「師匠、あたしもいっしょに行くわ、寂しくないでしょ。あたしたちも寂しくないわ…」
 瞽女はみんなで抱き合い、そして眠った。雪はいつまでも止まず瞽女たちの上に白い塊を作った。
(了)


posted by 田畑稔 at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください