2019年11月19日

「先輩」作・田畑稔(no.0153.2019.11.22)

 つい愚痴も出ようというもの。
 職場の先輩と後輩は話しをするとつい出てしまう言葉が、昔は良かった、昔はこんなもんじゃなかった、昔は寝ずに働いた、いまの若い連中は甘い。そう吠えたからといって自分たちの境遇が改善されるわけでもないのだ。年なのかもしれない、年なのだろう。出世も進歩も頭打ちになった人間が陥るワナだ。そうだワナなんだ。アリジゴクのワナ。つい不注意にも奈落に落ちる。そこはアリジゴクのワナだった。気付いた時には手遅れなのだ。
「それで先輩、祝福したんですか?」
 部下の中から抜擢があり、何段飛びかの栄典があった。
「もちろん。祝福したよ。もちろんだ」
 後輩は今夜も酒が進む。
「でもオレは落ち込んでますよ。なんであいつがって。先輩落ち込んでないすか、ほんとのとこ」
 先輩は何も答えなかった。そんなものだろうと、本心ではそうなのだ。それがわかるからこそ落ち込むのである。
「先輩もつい言っちゃうでしょ。昔はよかったって。年取ると誰もが陥るワナ」
「昔はよかったワナか。あるかもね」
 その先輩の上司になった部長に頼まれた。ある契約がこじれたから救ってほしいということだった。
「あいつがそんなこと言ってきたんですか? それこそ栄典した部長の仕事でしょう」
 先輩は答えなかった。
「先輩、それ受けたんですか?」
「お前は因縁があるだろうって」
 かつて契約した案件で、先方の支払いが滞った。先輩はその会社の傾きを救った。簡単にいえば仕事をとって来てやったのだ。先輩の会社が取ろうと思えば取れた仕事であったが、先輩の大きな心、大局を見る目が評価された案件だった。
「先輩が部長やればよかったんですよ。昔なら社員を実力で抜擢したもの。昔はよかった」
「だからそれがアリジゴクのワナだっていうの」
 社員の反応が変わった。こんどの仕事は報酬が出るらしい、ぜひやるべきだ。報酬はいくらだ、関心はそっちへ移動してしまった。先輩の手にする報酬はいくらか社内は持ちきりだった。
「10万ですか? それとも100万?」
 先輩はうんざりした。 
「報酬なんてあるわけないじゃないか。会社の通常の仕事だよ」 
「じゃ、報酬はなしですか?」
「当たり前だろ」
 契約は順調に進んだ。当初の思いとは異なって先方は、こちらの子会社になるか会社解散のうえ財産や社員を引き取って一つの会社にしてしまうかという、大きな決断を考えていた。実のところその会社は会社継続にもはや情熱をあまり持っていなかった。できればこちらの会社に引き取ってほしいという話だった。
 その会社は地元で起業してそこそこいい時期もあったのだが、経営者が高齢になり健康も優れなくなってしまったのが会社解散の第一の理由だった。その後始末をかつて倒産の危機の時に仕事を分けてもらい、結果的に売り上げまで分配してくれることに尽力してくれた先輩にこの仕事を任せた。
「先輩にこの仕事をさせたのは社長だったんですってね」
「オレも最近聞いたよ」
 その社長が健康を壊していることは社内ではよく知られたこと。そして栄典した部長は実は社長の甥っ子であることが明らかになって、栄典も身内だったからだとむしろ納得した。なんとなく上機嫌が続いていた妻が聞いた。
「社長さんに呼ばれて何て言ったの?」
 先輩は言った。
「社長は思ったより悪いみたいだ。あまり話せないで帰ってきたよ」
 先輩は、実は病床の社長が先輩を副社長にすると言ったこと、さらに、いずれ甥っ子を社長にするがお前に大番頭を期待していると言ったことを妻に言った。
「あなたに期待しているということよ。よかったわ」
「なにが良かったんだ?」
 妻は言った。
「正直言って、あなたの出世はここまでかなと思ってた。だとすると上はちゃんと見てないんじゃないかって思ってた」
 妻も夫の出世を少しは考えていたんだと、男は少し意外だった。
 社長が亡くなった。社員は皆社長の健康に関して知っていたから、驚きはなかった。それよりむしろ通夜から告別式、会社の内外に遅滞なく情報を伝えることは会社の実力を教える。ほぼ合格点ではなかったかと先輩は思った。
「先輩」
 声を掛けて来たのは何段か飛びで栄典した部長だった。
「お伝えしたいことがあります。
「なんですか?」
「実は、社長は後継をまだ決めてなかったんです」
 病気療養中の社長は後継をきちんと指名しなかったのだ。
「何も言ってなかったんですか?」
「いえ、いろいろな人に言ってはいたでしょうが、遺書も公正証書も作っていないんです」
「それは意外だったなあ」
「だから、実際何も決まっていないんです」
 部長は笑顔で言った。
「先輩は、社長に副社長をやってくれと言われてたんでしたか?」
「うん、まあ…」
 先輩は言葉を濁すと、部長は一気にまくしたてた。
「先輩が社長をやってくださいよ」
「ええ?」
 部長は続けた。
「社長はもともと先輩を買ってたし、この間の契約の件でも腕が立つのは確認されました。みんなが先輩を尊敬してます」
 部長が指した先に妻がいた。
「奥様に来ていただきました」 
 妻は、はにかみながらも誇らしげな顔をしていた。いまから会社の人事の変更と発表を行うと部長が発表した。たまたま今ここに全社員が集まっている、会社の意思決定機関として有効だ。そして先輩の代表取締役の決定が全社員の拍手を持って発表された。先輩は祝福を受けながらも、アリジゴクのワナではないだろうなと、頬をつねってみた。
(了)

posted by 田畑稔 at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

「マラソン」作・田畑稔(no.0152.2019.11.21)

 マラソンレースが始まった。
 男がレースに参加を決意したのにはそれほど大きな理由があったわけではない。駅前で配られていたチラシをたまたま受け取っただけだった。男は気軽に応募した。しかし周囲にそのことを報告したが反応はなかった。
「なんだそれ? 休みは取れるのか?」
「有給休暇がたまってるから」
 究極のサバイバルレースとうたわれていた。この国の中央部を走る山脈を横断し最後は最高峰にゴールする。確かに高い山が多い、気候も冬に向かっている。厳しいレースになるだろう。それは確かだが、男には密かに勝算があった。
「一週間、慌てずにやるよ」
 スタート地点に立ったが、気になったことがあった。他の参加者が見当たらないのだ。
「他の参加者はいないんですか?」
 大会実行委員に聞いた。
「いますよ」
「見当たらないけど」
「選手それぞれにスタート地点の違いや時間差がありますから」
 もう一つ合点がいかなかったが、男は出発した。長距離マラソンレースであれば普通なら旗を振ってくれたり声援を送って見送ってくれたりするものだが、誰もいなかったのだ。
 長距離マラソンレースなので男は宿泊用テントなど重量のある装備を携えていた。だから滑らかな足取りというわけにはいかなかった。思ったよりも足元は荒れていた。
 森へ入り、気温は下がった。一気に心細くなった。道をもう一度確認した。その時初めて分かったことなのだが、地図にはスタート地点とゴール地点は記されてあるだけで途中の道は画かれていなかったのだ。それでは通り道がわからないではないか。もう一度駅前でもらった大会要項を見た。そこには、自力で頑張れと書いてあっただけだった。
 一人になって三日くらいたっただろうか。山は深かった。太陽の位置を見て、ようやく自分の位置を知った。周りで見かけるのは鹿やキツネくらいであった。キツネは明らかにこちらを意識していた。
「おい!」
 男は、呼び止められたような気がしてきょろきょろ見回した。
「どこを見ているんだ」
 声のする方をみると、それはキツネだった。
「人間よ。行先はどこだ?」
「ゴールです」
 それを聞いて満足したのか、キツネは去った。男は走り続けると鹿がいた。だがそれはよく見るとカモシカだった。
「おい!」
 また動物に呼び止められたのだ。
「なんでしょう」
「行先はどこだ」
 男は答えた。
「ゴールです」
 カモシカは去った。男は森の真っただ中を走っていた。このレースは本当に続いているのだろうか、疑念が湧いてきたのだった。女が現れた。
「息子よ」
「母さん? 母さんじゃないか、母さんだよね」
 男の死んだ母親だった。
「どこへ行くのか、母さんに教えておくれ」
「ゴールに向かってるだけだよ、母さん」
「そうかい。それはよかった…」
 母は消えた。男は母親に会ったのは久しぶりだった。もっと話したかったのにと思ったら、父親が現れた。
「父さん…」
「息子よ、お前はどこに向かっているのか」
 男は答えた。
「ゴールに向かってますよ。父さん」
「そうか、それはよかった」
 すると次に現れたのは女だった。
「あなた」
「君はだれだ?」
「冷たい言い方ですね。あなたの妻じゃありませんか」
 男は驚いた。男に妻はいなかったからだ。
「あなた、いまどこに向かってるんですか?」
 男は返事をためらった。
「答えてくださいな。あなたはどこへ向かっているんですか?」 
「…ゴールですけど…」
 男の視界は晴れてきた。太陽が輝く海辺を走っていた。足元をかすかに波が洗った。ランニングシャツにパンツ姿の男が現れた。マラソンランナーに違いなかった。たくましい体躯だった。
「君はどこに向かっているんですか?」
「ゴールです」
 男はランナーに話しかけた。
「あなたは、名のあるランナーではありませんか?」
「いいえ、私は三位になったことがあるだけです」
「僕が知っている有名なランナーも三位でした。のちに自殺してしまいましたが」
 足元に雲海が広がっていた。景色はすっかり変わっていた。自分はいまどこを走っているのか、道が正しいのかどうかもはっきりしなかった。だが爽快な気分は続き男は走り続けた。
 道の先に、二人の人間が一本のロープを渡して待っていた。沿道からは拍手がおこった。男はゴールしたのだった。
「おめでとうございます」
 男は祝福された。
「終わったんですか? 僕はゴールしたんですか?」
「そうです、あなたは無事にゴールしました」
 男は祝福された。ゴールの地には標識があって、HEAVENとなっていたのだが、残念なことに男は英単語は読めなかった。
(了)


 
posted by 田畑稔 at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「歯科医」作・田畑稔(no.0151.2019.11.20)

 歯科医は妙なものを見た。
 職業柄、歯科医は人の口の中を見る。そこで妙なものが見える。最初は錯覚かと思った。最近は患者が減った分歯科医が過剰となって、いまやサービス合戦となっている。診療時間は延びるし休日も祭日もなく診療しなければならない。歯科医はそのせいかと思った。きっと心も体も疲れているせいなのだ幻だろう、そう思った。だがそいつはいた。何度見返しても消えずにずっといた。
 歯科医は患者の口の中に「眼」を見た。歯科医は自分の目を瞬たかせて、目をこすってゴシゴシしてみた。そして患者の口の中をもう一度見た。やっぱり「眼」はあった。二つしっかりこちらを見ていた。だが「眼」はそれ以上の悪さをするわけではなかった。だから放っておいても仕事にはなる。だがやっぱり気になる。ひとこと申し述べておきたかった。
「あの…」
 患者は答えた。
「なにか…」
「…いや、やっぱりやめておきます」
 患者は訝った。果たして口の中に重大な病気でもあるかもしれない。患者はそう思ったようだ。
「…ガン、でしょうか。口の中のガンもあることは知ってます。わたしガンなんですね、ですよね。はっきり言ってください」
 もしかして「眼」はガンなのかもしれない。歯科医は自分の得意分野は限られている。だから分からないものは分からないとはっきり言わねばならない。だがやっぱり歯科医は口ごもってしまった。
「いや、そんなにだいそれたアレじゃあ…」
「そんなにだいそれたあれじゃあないなら、なんでしょうか」
 歯科医は言った。
「神経衰弱です」
 歯科医自身は、とっさに出た病名が的を得たと少し自分を誇った。実際、患者の口の中に「眼」を見るなんて神経衰弱の症状と診断して正解かもしれない、歯科医はそう思った。
「私ですよ。私が、神経衰弱です。お気になさらずに」
 歯科医は夢を見た。歯科医は歯科の診察室にいた。そこには歯科の治療を受ける患者がいた。その患者の口の中には「眼」があり、それだけではなかった。その「眼」を持つ人間が口の中から出て来たのである。なにかオーバーでも脱ぐように、患者の口の中から出て来た。多少暑かったかもしれない、湯気を立たせるように顔が上気していた。
「先生、今日は顔色がいいですね。よく寝られましたか?」
 歯科衛生士が言った。歯科医は、褒められたようでうれしかった。
「よく寝られてるよ」
 歯科医は診察台の患者の背を倒した。いつの間にか患者の口から「眼」も消えていた。歯科医は口笛を吹きたくなった。心の軽さを感じていたのだ。そのとき、ふと見た患者の目に驚いた。歯科医の目の前の診察台に横たわる患者の目はあの「眼」だった。そして「眼」は体を備えていた。歯科衛生士がうろたえている歯科医に言った。
「先生、どうかしましたか?」
「いや、あのその…」
「体調が悪いんですか?」
「いや、だいじょうぶだから」
 歯科医は患者の顔にハンカチを載せた。「眼」を隠してしまえばいい。口の中に器具を押し込んで治療をしていたところ、また「眼」を感じた。見ると男が歯科医と同じ白衣を着て医師のように立っていた。
「研修医です」
 歯科衛生士が言った。
「いつ来たんだ?」
「きょうからです」
 研修医は白衣にマスクをつけて帽子までかぶっている。覗いていたのは目だけ、その目が「眼」だった。「眼」は合計二人いた。すると顔にハンカチをかけていた患者の口が開き、窮屈な体を解放するように人が出て来た。同じ「眼」だった。
「出かけてくる」
 歯科医はいたたまれなくなったのだ。しばらくして歯科医は戻ってみると、医師が歯科衛生士の補助を受けて診療していた。あの「眼」の医師だった。
「…衛生士さん、衛生士さんたら」
 歯科医が声を掛けたが返事は意外だった。
「順番が来たらお呼びしますので」
「そうじゃなくて、オレだよオレ」
 歯科衛生士は傍らの医師に言った。
「先生、あの患者さんどうしましょう」
 「眼」はつまみ出せと命じた。歯科衛生士が診察室の裏に歯科医を連れ出した。
「どういうことんなんだね」
 歯科衛生士が言った。
「あなたこそ、診療の邪魔をしないでください」
「オレはこの医院の歯科医だぞ」
 歯科衛生士は言った。
「そんな昔のことは知りませんよ。医療スタッフは日々新陳代謝してるんですから」
 見ると歯科医師が大きく口を開け、ゲボっと吐くようにしたらまた口の中から男が出て来た。あの「眼」だった。そして「眼」の男は白衣を着てどこかへ去った。去り際、歯科衛生士たちが、行ってらっしゃいと手を振った。
「代わりはいくらでもいますから」
「だからといって、こんな気持ちの悪いこと…」
 そう言ってる間に歯科衛生士の口は大きく開き、ゲボっと吐くと窮屈そうに折った体を解放した女が出て来た。女はあの「眼」だった。
「お前たち、みんな怪物だったのか…」
 歯科医がそう言い切る前に、「眼」の女は歯科用ドリルを歯科医の脳天に突き刺した。
(了)






 
posted by 田畑稔 at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする